映画・ドラマ

菅田将暉&永野芽郁ドラマ『3年A組』、あらすじや主要キャストは?

先月、大ヒットしたドラマ『今日から俺は!!』の次に始まるドラマ
『3年A組 今から皆さんは人質です』
放映前から、菅田将暉さん初の教師役や永野芽郁さんが朝ドラ後の
最初のドラマということもあって、話題になっています。

スポンサーリンク

 

『3年A組 今から皆さんは人質です』とは?


卒業式まで10日になった魁皇高校。
魁皇高校の3年A組で担任をしている美術教師の柊一颯が、教壇に立ち
「今から皆さんには、人質になってもらいます。」
と告げる。
教室の扉には鍵がかかり、廊下の外では爆発音がきこえ、生徒たちは
完全にとじこめられてしまいます。

一颯の「これから、俺の最後の授業を始める。」と告げ、ある事件の起きた
理由を夜8時までに導き出すように。もし、不正解ならば、誰か一人に
死んでもらうと宣告します。
その事件とは、数ヶ月前に自殺した3年A組のスター生徒の死で、その真相を
さぐれということでした。
そして、クラスの代表として回答役に、学級委員である茅野さくらを指名します。
29人の生徒たちは、どんな答えを導き出すのでしょうか。

メインキャストは?他のキャストは?


メインキャストの教師役には、菅田将暉(すだまさき)さん
1993年2月21日生まれの25歳。大阪府箕面市出身です。
『仮面ライダーW』のフィリップ役で連続テレビドラマ初主演。
生徒役での出演作品は多いものの、今回、念願の初めての教師役。

クラスの代表、学級委員の茅野さくら役には、永野芽郁(ながのめい)さん
1999年9月24日生まれの19歳。東京都生まれです。
UQ mobileのCMで深田恭子さん、多部未華子さんと3姉妹役ででてます。
2018年の連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロインです。
菅田将暉さんとは、『帝一の國』で共演してますよね。

そのほかの生徒役には、甲斐隼人役にGENERATIONSから片寄涼太さん
学校イチの悪大将役です。
1994年8月29日生まれの24歳。大阪府八尾市出身です。

青春を謳歌する読者モデルで、クラスの憧れの的、諏訪唯月役には今田美桜さん
1997年3月5日生まれの21歳。福岡県生まれです。
昨年のドラマ『花のち晴れ』で大ブレイク。
昨年末の月9『SUITS』にも出演していました。

敵に回すと一番やっかいな恋愛体質系女子、水越涼音役には福原遥さん。
1998年8月28日生まれの20歳。埼玉県生まれです。
『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』のまいんちゃん。
映画では2016年に『チア☆ダン』に出演しています。

そのほかに事件を解決する刑事さんたち、刑事チームのみなさん。
大友康平さんに、椎名桔平さん細田善彦さん

まとめ


菅田将暉さんといえば、はずれがないくらい出る映画やドラマが
ヒットしています。
そして、永野芽郁さん。UQ mobile のCMのときは、” え?だれ? ”って
感じだったのですが、いまや、テレビで見ない日はないくらい活躍されて
ます。

ほかの生徒役にも、これから出てくるだろう若い俳優さんもたくさん出て
いて、この中から誰がブレイクするのかみていくのも楽しみですね。

主題歌は、クロマニヨンズ『生きる」


只今、昨年11月から4月まで全国LIVEツアー中です。
ボーカル甲本ヒロトさんの力強い歌声が、ぴったりですね。

そんなクロマニヨンズさんに歌手でもある菅田将暉さんから、コメントがでています。

【菅田将暉 コメント】
また一つ夢が叶いました。しかもここぞというタイミングで。
先日、ザ・クロマニヨンズさんのライブにて、この「生きる」を聴いた時、いや、体感といった方がいいでしょうか、
そのエネルギー、佇まい、音、言葉は、僕がこのドラマで体現したいものそのものでした。
今を愛し続けることで未来を作る。いつだって誰だって何かを探している。そして、楽しむ。
昔から大好きだったあの人は、今尚、更に、前に進んでいました。
この「生きる」が主題歌になることでドラマ内での人物と造形物の「生き様」に赤い血が頭の先から足先まで
びっちり通うことができます。本当にありがとうございます。これ以上ない主題歌に心から感謝しています。

引用:https://rockinon.com/news/detail/182560

もうすぐはじまるこのドラマ、前作『今日から俺は!!』に引き続き
大ヒットとなるといいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. エンタメ

    嵐・大野くんが絶賛「段ボール財布」の島津冬樹さんの映画『旅するダンボール』とは?

    TV番組のコーナー「大野智の作ってみよう」で嵐の大野智さんが挑んだ段ボ…

  2. 映画・ドラマ

    ティモシー・シャラメ、『ビューティフル・ボーイ』でアカデミー賞受賞なるか!?

    『君の名前で僕を呼んで』で、一躍脚光を浴びたティモシー・シャラメが…

  3. 映画・ドラマ

    トロント国際映画祭観客賞受賞『グリーン・ブック』のあらすじは?

    トロント国際映画祭の観客賞とは?毎年9月の11日間、カ…

  4. 映画・ドラマ

    新作がサンダンス映画祭に招待された長久允監督の学歴や職業は?

    サンダンス映画祭とは?サンダンス映画祭とは、アメリカの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. 映画・ドラマ

    『セッション』のJ・K・シモンズの出演作や今後を調べてみた!
  2. 映画・ドラマ

    題名変更のドラマ『ちょうどいいブスのススメ』原作の山﨑ケイとは?
  3. 映画・ドラマ

    イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』のあらすじやキャストは?
  4. 映画・ドラマ

    齋藤飛鳥ほか乃木坂46出演ドラマ『ザンビ』のあらすじは?
  5. 労務管理

    労働基準法の労働条件ってどんなもの?労働協約って何?
PAGE TOP